Category : 「おさめかまいじょう」のテク

手だけでイカせるための必殺テクニックとは?

男性は女性を指や口を使ってイカせたがるものですが、女郎屋の客の中には、女性に手でイカせてもらいたいという客もいるようです。わざわざ女郎屋まで来たのに、ヴァギナに挿入しないで「手で」というのは、もったいないことではありますが、そういう「フェチ」もいるのかもしれません。

愛撫上手な男は、愛撫されたがる!?

「おさめかまいじょう」には、自分の男性器を取り出して「千度ずり」(手でいかせること)を依頼する男性は、決まって、テクニシャンだとあります。「巧者にて、ぼぼに指を中まで入れず、さね裏をさげ擦り、おやまに気をやらすなり」と。

膣の中に指を入れるのではなく、クリトリスの裏をしごいて女をイカせる、というテクニックを持っています。セックスのうまい男性は、女性にもテクニックを発揮して欲しがるということなのかもしれません。

まらを腹上の方に擦るがこつにして、まらを前に向けて擦るべからず

男性器を手でイカせるには、座布団を高く積み上げてその上に男を座らせます。女は、片手で睾丸の下からソフトに揉み上げ、もう一方の手でペニスの根元を軽く握り、亀頭を振るように動かします。それから、男根のカリ首の皮を下方へ擦り下げるように丹念に擦り、指で輪を作って亀頭の下部に巻きつけ離しません。

しばらくそれを続けてから、睾丸を揉んでいる指にツバをつけ、亀頭部に塗り付けます。ガマン汁が出てきたら、ペニスを持つ手を逆さまにして、てのひらと親指の付け根を亀頭に巻き付けて、やわらかく握った指の輪を男根の付け根にもっていき、しごくように腹の上方に向かってこすります。男根を腹の上に向かってこするのが重要で、前方に向けてしてはいけません。この部分が「秘儀」になります。

男根が緊張して赤黒くなってきたら、手をかえてペニスを軽く握り、指の輪で握っているペニスの付け根を強く締めて早く擦る。この時に、陰嚢を揉んでいた手を止めて、亀頭にツバをつけて軽く叩き、同時に、ペニスを締めて叩くように握ってこすれば、一気に射精させることができます。

手でイカせてほしいという客に対しては、まず、睾丸の揉み上げをしながら、指で輪を作って亀頭下部に巻きつけ男茎を擦ります。途中で手をさかさまにして柔らかく握った手で根元から亀頭までを、腹の上の方向へと擦りあげる。男性器が緊張したら、スピードアップしてペニスを叩くように擦れば射精させられる、とあります。是非奥さんにやってもらいましょう。

Recommend