Category : おかしな日本のセックス事情

今も昔も風俗嬢は儲からない!?

女性が風俗で働き始める理由は、もちろん「お金」のため。自らの肉体を男たちに提供する淫らなビジネスですから、金儲けにならなければやりたがる人はめったにいないはずです。中には「セックスが好きだから」という人もいるかも知れませんが、大半の女性が手っ取り早くお金を稼ぐ手段として、ソープランドなどの性風俗店で働いています。

初対面の、好きでもない男のペニスをくわえたりヴァギナをなめさせたり、挿入させたりするわけですので、大金を稼げるはずでしょう。一体どのくらいの収入があるのでしょうか。月収は100万円くらいあるのでしょうか。普通の事務職でも、年収は400~500万円程度あるものです。毎日何本ものペニスをくわえる仕事なら、その倍の800~1000万円くらいは受けとれなければ、働きがいがないのではないでしょうか。 実は、多くの風俗嬢がそれほど稼いではいないようです。昔から、セックスを売ってもあまりお金になりません。意外と儲からない商売なのです。

月の稼ぎは普通の事務員と変わらない!?

風俗店の中でも、ダントツに稼げるのはソープランドです。いわゆる「本番」行為、つまりセックスをするわけですので、儲からないはずはありません。美人でスタイルもよく、セックスもうまい女性が奉仕するのですから、かなり儲かります。高級店の場合、客の支払い単価は5万円くらいで、そのうち3万円程度がソープ嬢の実入りです。1日に3本のペニスを受け入れ、月に15日勤務するとすれば、月収は130~140万円程度となります。1日に3人を相手にするのは、かなりハードな仕事です。

皆が皆、これほど稼げれば良いのですが、ソープといっても低価格の店も少なくありません。格安店の場合では、ペニス1本当たりの実入りは1万円程度。月に40~50本を射精させても、月収は40~50万円程にしかなりません。年に500本受け入れて、やっと500万円の年収です。普通のOLよりも少しマシな程度です。客入りの少ない店だと、300万円以下しか稼げないソープ嬢もいるようです。

デリヘル嬢は大して儲からない!?

ホテルなどに出向いて客の相手をするデリヘルは、原則として「本番」行為はありませんので、ソープランドやホテトルよりも低価格です。本番がない分、デリヘル嬢の仕事は楽ですが、実入りは1時間相手をして8千円程度です。月に40本のペニスを気持ちよくさせても、月収は30万円程にしかなりません。客を待つ時間や移動時間もありますので、1日に何人も立て続けに相手をすることはできません。それほど高い収入は期待できないのです。

ある調査によると、風俗嬢の平均月収は30~40万円とされています。年収に換算すると、360~480万円。性感染症をうつされたり妊娠させられたり、暴力の被害にあったりするリスクをかかえつつ、汚いペニスであってもなめなければならない仕事の割には、決して高くはないでしょう。

風俗嬢はどんな男性でも相手にしなければなりません。病気に感染するリスクがあり、アナルセックスやSMなどのアブノーマル行為を受け入れざるを得ないこともあります。その割には、普通の事務職と大差ない収入しかえられないようです。

Recommend