Category : おかしな日本のセックス事情

30代、40代の主婦たちは夫以上に浮気をしています

日本では独身者にも既婚者の間にもセックスをしない人が増えています。若い男性にはセックスに関心を持たない人、セックスに嫌悪感を持つ人が急増し、「草食化」の傾向がさらに強まっているとも言われてます。50才未満の既婚カップルの4割はセックスレスの状態で、40代の夫婦においては5割が性生活を失っている実態があり、日本人の性生活は深刻な事態に陥っているようです。

セックスをしない夫婦が増えているのとは裏腹に、夫以外の男性とセックスをする「妻」が増えているというレポートもあります。主婦の浮気の増加は、日本の性の問題をさらに複雑にしています。

浮気をしたことのある40代主婦は2割もいます!

コンドームなどもつくっている「相模ゴム工業」が実施したアンケート調査によると、既婚男性で配偶者以外にセックス相手を持っている割合は、20代で31.5%、30代で25.6%、40代で26%、50代で28.9%です。男性の場合、25~30%程度の人が、浮気相手を持っていることになります。

女性の場合には、20代で17%、30代で17.6%、40代で19%、50代で15.1%となっています。男性より少ないとは言え、15~20%程度の主婦が浮気相手を持っていることになります。割合は40代が最も高いという点は、ひとつの特徴でしょう。
https://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20130705/156950/

40代では、女性の方が男性よりも不倫を活発にしています

男性の場合、特定の相手ではなく風俗などを利用するケースもあり、「特定の1名だけ」と不倫をしている割合を見ると、30代では男性が16%、女性が15.9%とほぼ同じで、40代では男性14.3%に対し、女性は17.9%と女性の方が高くなっています。50代では、男性17%、女性14%と男性の方が少し高くなります。

40代では、女性の方が不倫に積極的という実態です。この年代はセックスレスの夫婦が増加する年代でもあり、夫婦の性的関係の悪化と、妻の浮気との間に一定の相関があると見られます。妻の浮気防止のためには、男性はもっと夫婦生活に積極的にならなければならないでしょう。40代の男性の中には、勃起力が弱まってきたために性生活が十分できなくなる人もいますが、そういう場合にはバイアグラやシアリスなどのED薬を使うべきです。専門クリニックで気軽に処方してもらえます。ちなみに、シアリスは持続時間が36時間と長いので、なかなかセックスしようと言い出せず性行為のタイミングがはっきりしない倦怠期夫婦にもおすすめです。

浮気経験のある主婦は2割に達するという調査もあります。中でも40代の主婦は男性以上に不倫経験率が高く、セックスに飢えているともいえる状況です。夫婦間のセックスレスの改善が必要でしょう。

Recommend