Category : おかしな日本のセックス事情

江戸時代のおどろくべき避妊法

江戸時代、遊女のあいだでは、妊娠することはタブーとされていました。それは男に「負けて」しまった証拠であり恥、とされていました。 気をやる(絶頂をむかえる)ことも修行がたりないと言われていたのです。あくまでもイクのは演技であることが求められました。大変な職業ですね。その中でも最も大変だったのが病気と避妊です。様々な避妊法が考えられていました。

当時の避妊の王道は

まずは秘部の洗浄です。便所に洗浄する場所があったようです。また、中を洗う道具のようなものもあったとか。動物の皮をなめして縫い合わせ、風船のようにする。そしてその一部に穴をあけパイプをつなぎます。パイプにはひょうたんの一部分などが使われたようです。風船状の部分を押すと、水が勢いよく飛び出す、それで中を洗う。そんなものだったようです。やはりまずは洗浄することが王道だったようです。

一風変わった避妊法

変わった避妊法として、魚の浮袋を使ったコンドームのようなものもあったようです。マグロなどの大型魚のお腹にある浮袋を乾燥させて、それをまた水でふやかして使ったようです。これは強度も弱く、破れることもしばしばあったようです。

江戸時代の中期以降になると、外国から羊の皮を使ったコンドームもあったと言われています。このコンドームは高価でかつ男性の快感も減るため敬遠されたようです。 薬もありました。朔日丸(ついたちがん)というものです。毎月ついたち(朔日)に飲めばその月は妊娠しないというすぐれもの、という触れ込みでした。しかしあまり効果はなかったようです。

経験則から妊娠しにくい日のみ客をとるおいらんも居たようです。現代で言うところのオギノ式の逆ですね。これは面白いものですが、当時きちんとした生理周期をはかっていたとは考えられず、効果はイマイチだったのではないでしょうか。 お灸もありました。2月2日、へその下にお灸をすえると妊娠しないという風習がありました。これもまったく効果はありません。 道具で面白いのは女性のあそこに紙をつめる、ペッサリーのようなものもありました。みす紙という紙をつめて避妊する方法は、タンポンのような使い方もされたようです。

中絶専門医もいた

当時、中条流という堕胎法もあり、ほおずきを食べさせたり、水銀入りの丸薬を飲んだりさせていました。また、川の中に身をしずめ、その際重い石を抱えて水につかるという乱暴なものまでありました。こういった堕胎法は効果が得られない場合も多く、また重大な後遺症に悩まされたりした遊女もいたようです。

余談ですが、都市伝説としてコーラを振って、勢いよく膣の中に出すと避妊できるというものもあります。これも全くのデタラメです。逆に膣内が炎症を起こすケースもあるようです。

惚れた男の子宝を

とはいえ、遊女も人間。時にはたくましい旦那衆に惚れてしまうこともあったようです。そんなときは、何度も子種をもらえるように、秘部に蝋丸(ロウガン)と呼ばれる薬を塗り、愛液をしたたらせながら行為に及んだ例もあるようです。

やはり女のさがは、今も昔も変わっていないのですね。つよくたくましい男性に惹かれる。やさしさも喜ばれたようですが、ここぞという時の馬力は求められたようですね。いざという時にたよりになる男、そうありたいものですね。

Recommend