Category : 「張形」を楽しんだ江戸の女性たち

江戸女たちの自慰は多様だった?

江戸時代といっても、ときの将軍によって規律はさまざまでした。厳しいときもあれば、ユルいときもある。ただ通して言えるのは、性に対して明るくさわかやさと笑いがあったことです。 こばなしでも、間男を引っ張り込んでいた奥方が、突然かえってきた旦那におどろいて、あそこがキュッと締まってしまい「これは泥棒を捕まえているだ」と言った笑える話があります。

張形も自分で買って選んでいた!

当時富裕層の女性たちは、御用聞きに張型(現代でいうところのディルト)を持ってきてもらい、女中たちとキャッキャ言いながら選んでいる絵が残されています。木やべっこう、水牛のつのなど、材質も様々。変わったところでは芋のつるや和紙などもあったようです。

まずは生身の人間をイタダキ

ディルトに入るまえに、生身で欲求を解消していた話をすこし。商家や武家の奥方は、旦那が仕事で忙しいため、ほったらかしにされることもありました。いまも当時もかわりません。また、めかけのところあげ込んでしまい、相手をしてくれなかったり、一物が元気でなくてセックスができなかったり。とにかく欲求不満になる原因はたくさんありました。 その時に男を買うのは歌舞伎の役者だったのです。ごひいき衆ということで、船宿にしけこんで、エッチをする。そしてご祝儀を渡す。今でいうホストを買うような感覚です。

また、番頭などに手をつける奥方もいたとか。驚くべきことに、そこで妊娠した場合のことを考えて、次の日あたりに旦那と久々のセックスをするケースもあったとか。前日のほてりが持続して、古旦那とのセックスも新鮮だったのではないでしょうか?また、そんな状態を知っていて見て見ぬふりをする旦那衆も居たようです。ようは、ばれなければいい。自分も楽しめばいい。そんな発想だったようです。江戸時代おそるべしですよね。楽しそうです。

自分で慰めるときには

いろいろ工夫をしていたようです。当時から伝わる「肥後ずいき」は有名ですが、ハスイモの茎で作られていました。一説によると、その中に含まれるサポニンが性器を刺激して、性感をより高めたとも言われています。

しかし、ただ使うだけでは芸がない。昔の女性は道具が電動でないため、さまざまな工夫をしていました。まずは張形を布団に結び付け、それに乗っかり腰を動かす。ふとんの抱き心地がリアル感を出していい感じだったのではないでしょうか。

また、カカトに結び付けて手で乳首や女芯をいじる「きびすがけ」というものもあります。これは器用に足を使ってディルトを中で動かし、自由になった手で枕絵を見たり、胸をもんだりするものです。これは案外むずかしそうです。両手が自由になったとはいえ、足を動かしながら手で別のうごきをするのは訓練が必要。女の欲望はすざましいですね。

もっと簡単な方法としては、柱に張形を結び付けて、そこに自分の秘部を入れる。そして自分が動くという寸法です。これは立位もできたでしょうし、バックも可能です。現代の風俗店のプレイでも自慰プレイのときこういうのがありますよね。

少々疑問なのが、こういう場面を旦那や女中たちに見られた場合にはどうするのかです。とても恥ずかしいと思うのですが、こういった春画が残されている以上、実際にそういった場面もあったのではないでしょうか。できれば自分のパートナーを満足させられる男でいたいものですね。

Recommend